ヒルトンステータスマッチページトップ ブログ用 費用トップ

この記事は主に以下のような方を対象にしています。

・ヒルトンホテルのステータスマッチ後、ダイヤモンド会員を目指すことを検討している方
・ヒルトンのステータスマッチは知っているが、実行しようか迷われている方
・ヒルトンのステータスマッチの費用対効果について体験者の実例が知りたい方

現在ヒルトンホテルではステータスマッチ承認後90日はゴールドステータスを維持できます。

2022年度分はその期間中に7泊すればゴールドステータスを、12泊すればダイヤモンドステータスをそれぞれ2024年3月31日まで維持できるという、とても大盤振る舞いな企画を開催中です。

昨年ぼくはこの制度を利用して無事ダイヤモンドステータスに昇格しました(2021年度)。
この時は5泊でゴールドステータスを、9泊でダイヤモンドステータスを獲得することができました。

2022年度は各ステータス獲得のための泊数が増えましたが、基本的に実行する内容は同じです。

ですので以下の内容を参考になさってください。

diamond status sp

そこで本記事ではタイトルにもありますようにステータスマッチ承認後、ダイヤモンド会員になるまでに要した日数や実費用を中心に、あなたにレポートしてまいります。

ステータスマッチを実行する価値は?

先に結論から申し上げますと、もしあなたがヒルトンのステータスマッチを検討されているならば、ぜひ実行することをおすすめします!

なぜなら先述したようにステータスマッチの承認が下りた時点であなたのヒルトンステータスはゴールドになります。

それはステータスマッチ承認後90日以内なら、最低でも以下のようなメリットをもってヒルトンホテル系列に宿泊することが可能になるのです。

・朝食無料
・Hオナーズ・ベースポイントに対して、80%のボーナスが自動的に加算
・空室状況により部屋の無料アップグレード(エグゼクティブルームまで)
・スタンダードルーム特典での5連泊以上のご滞在で5泊目が無料
・レイト・チェックアウト
・2人目は宿泊無料

なかでも今は「朝食無料」「部屋の無料アップグレード」の2点を頭の片隅に残していただきつつ先を読み進めてください。

ダイヤモンドステータス獲得のために実際に要した期間は?

ステータスマッチ承認後9泊すればあなたもダイヤモンド会員になれるとはいっても、一回の滞在で9連泊できる方はそうざらにはいないでしょう。

かくいうぼくも会社員のため、4回に分散させて都合9泊しました。
宿泊先はすべてヒルトン成田。

ヒルトン外観 サイズ小

宿泊の内訳は2泊3日を3回と3泊4日を1回です。
そして要した期間は60日ほど。

勤務終業後の金曜日から日曜日という週末をベースに活動した次第です(3泊の時だけ有給休暇を使用)。

具体的な日程を言いますと…
5/21-5/23はひとりで宿泊、6/4-6/6、6/18-6/20、7/2-7/5は夫婦で宿泊してきました。

つまり隔週でヒルトン成田詣でをしていたというわけですね。

そして部屋の予約はすべて一番下のランクのツインルーム(朝食なし)に統一させました。

このように90日も期間があれば、週末を利用してダイヤモンド会員を楽々目指すことも日程的には可能です。

ダイヤモンドステータス獲得のために実際に要した費用は?

次にあなたが最も気になる費用についてお知らせします。
こちらも結論から先に申し上げますと宿泊費は総計で9万円を切りました(食事代などは除く)。
時節柄当然のことですがGoToキャンペーンではありません。

実際の明細は以下(下の写真は4滞在分のレシート)になります。

5/21-5/23(ひとりで宿泊):14,792円
6/4-6/6(夫婦で宿泊):20,882円
6/18-6/20(夫婦で宿泊):20,882円
7/2-7/5(夫婦で宿泊):28,713円
合計は85,269円。

レシート

つまり1泊当たり平均9,474円とおよそ9,500円で宿泊できたことになります。
これをひとり当たりの宿泊費に換算すると、ひとり1泊5,000円以内で宿泊できたことに!

これだけでも十分に格安なことがご理解いただけることでしょう。

しかしさらにここであなたに思い出していただきたいことがあります。

それはダイヤモンドステータスの特典についてです。
なかでも「朝食無料」「部屋の無料アップグレード」サービスが付与されるというやつですね。

何度も繰り返すようですがステータスマッチ期間中あなたのステータスはゴールドになります。

ということはぼくのように素泊まりかつ最低ランクの部屋を予約したとしても朝食を無料でいただくことができ、チェックイン時にはアップグレードされた部屋が提供されるのです!

これらを具体的に金額で表してみますと今回のぼくの場合は以下のようになりました。

朝食代:
57,600円(ひとり3,600円(税・サ込)×16回分)

部屋のアップグレード(UG)差額:
63,000円相当(1泊7,000円相当のアップ×9泊分)

朝食代と部屋UG差額を合計すると、なんと121,600円と12万円以上のサービスを追加で受けることができたのです!

実支払額が9万円以内にもかかわらず12万円以上の付加価値がついてくる。
予約した時よりも広い部屋で過ごしつつ、おいしい朝食が毎回いただけるなんてすばらしいですよね。

ここまでお伝えするとすでにお気づきかもしれませんが、今回の一連の宿泊ではひとり1泊5,000円以内で賄うことができました。

その上3,600円の朝食が毎度無料でつくということは部屋代の実質はひとり1泊1,400円という換算になります。

もう、ビジネスホテル料金以下の価格になっちゃいます。
こういったキャンペーンを放っておかない手はないですよね。

まとめ

以上のように今回はステータスマッチ承認後のダイヤモンド修行のための9泊の取り方やコストなどを包み隠さずあなたにお知らせしました。

さらに加えて言うなら今回の宿泊費についても自腹を切っていません。
昨年国からすべての国民に支給された10万円を原資にしたのです。

支給されたときは使うあてもなくとっておいたものが、ここで活用できてよかったです。

しかもこれまで訪問したことのなかった成田界隈の散策もし、おいしいレストランなどもいくつか見つけることができのです。

よくこのようなステータス取得のためのホテル滞在を「ホテル修行」と称しています。

が、ぼくたち夫婦にとってはいやいや行う修業とはまったく真逆のホテルステイができました。

このようにホテル内外での楽しみを見つけると、時間をつぶすことなどに苦慮する修行などではなく、とても楽しい旅行になることをあわせてお伝えしておきます。

最後になりますが、もしあなたがヒルトン成田にてステータスマッチ承認後の「ホテル修行」をなさるなら、下記の食事処を訪問なさることもあわせておすすめしておきます。

とまれ、ヒルトンの「ホテル修行」について迷っているようでしたらトライしてみてはいかがでしょうか?

追記 取り急ぎダイヤモンド会員にないたい方へおすすめの方法

本記事ではステータスマッチについて、費用の見地からぼくの体験談をお伝えしました。

もしあなたがステータスマッチでダイヤモンド会員を目指すのではなく、「朝食無料」「部屋の無料アップグレード」の権利がもらえるゴールド会員で十分だとお考えのようでしたら、ヒルトンアメックスカードを作ることをおすすめします。

年会費16,500円でヒルトンゴールド会員になれますから、こちらも前向きに考える価値のある手段ですね。
キャンペーンでの特典ポイントも多数ついてきますので、下記リンクからぜひご確認ください!

ヒルトンアメックスレギュラーブログ貼りつけ用

あなたがさらに有利な特典を得たい場合はヒルトンプレミアムカードをおすすめします!

ヒルトンアメックスプレミアム ブログ貼りつけ用