本記事には広告が含まれています

【ヒルトンアメックスカード】年間2泊以上ヒルトンを利用するなら必携です!

当ブログ「旅と生活」でも全国のヒルトンホテルを紹介していますように、わが家ではヒルトンを利用することが多いです。

そして宿泊の際、支払いに利用しているクレカはヒルトンアメックスプレミアムカード。
年会費はそこそこかかりますが、得られるリターンも大きいと実感!

プレミアムカード

さまざまなブログなどで散見されるヒルトンアメックスカードの紹介記事の多くは、カード特典のスペックを述べるにとどめる事務的な内容が多いです。

しかし下記リンク記事では、なぜわが家がヒルトンアメックスプレミアムカードを申し込み、現在どのように利用しているかを実体験をまじえてくわしく紹介しています。

実は年会費がかかるだけに入会するまで何度も逡巡しました。
結果、今ではヒルトンアメックスカードを有効活用することで、時間とお金の使い方が上手になり、ホテルでの過ごし方も大きく様変わりしました。

もっと言えば人生の価値感が変わったといえるかもしれません。

もしあなたが頭の片隅にすこしでもヒルトンアメックスカードのことがよぎったならば、いちど下記リンク記事をご覧になってください。

今後のホテルでの過ごし方、ひいては旅行の仕方そのものがバージョンアップされると思います。

 

ラウンジトップ

今回のヒルトン沖縄瀬底リゾート宿泊にあたり、エグゼクティブラウンジを4日間にわたり利用してきました。

ヒルトンステータスがダイヤモンド会員に昇格してから4ホテル目のダイヤモンド特典利用になります。

ヒルトン東京でのラウンジ利用記事はこちらから

ヒルトン東京ベイでのラウンジ利用記事はこちらから

ヒルトン東京お台場でのラウンジ利用記事はこちらから

 

それではさっそくまいりましょう!

ヒルトン沖縄瀬底リゾートエグゼクティブラウンジ施設概要

場所:ホテル9階

エグゼクティブラウンジサービス利用可能対象者:エグゼクティブルーム、スイートルームに宿泊または宿泊中のヒルトン・オナーズ ダイヤモンド会員

おもなサービス内容:オールデイスナックサービス、カクテルサービス

エグゼクティブラウンジでの朝食サービスはありません。

エグゼクティブラウンジのカクテルタイムレビュー

カクテルタイムの時間やラウンジの雰囲気

カクテルタイムの時間は毎日17:00~19:00。
夕方の2時間になります(混雑状況により利用時間が1時間になる場合もあり)。

そしてこちらがエグゼクティブラウンジの外観および室内の写真になります。

下写真の赤囲みにもありますようにホテル9階のちょうど真ん中あたりに位置しており、夕方のビーチの風景がとてもきれいに見える絶景スポットにもなっています。

ラウンジ場所

風景1

もちろん日中の景色も絶景!

風景2

席もほどよい間隔で配置されているので、ゆったりと過ごせますね。

入り口

内覧4

内覧3

内覧5

内覧1

ぼくたちは外の風景も楽しみたいこともあり、カクテルタイムが始まる直前に窓際の席につきました。

 

カクテルタイムの食事内容

結論から先にお伝えしますと、カクテルタイムでいただけるメニューで夕食をすますことができます。
ちなみにミールはビュッフェ形式になっています。

以下このときにいただいたメニューを写真にて紹介してまいります。

まずはコールドメニューから。
サラミソーセージやパテ、鴨ローストなどカクテルタイムらしくお酒にあうラインナップですね。

食事1

 

ホットミールはチキンナゲットやかに風味グラタン風など、お子様にも食べやすいものもそろえられていました。

食事2

 

その他チーズ類やスナック類など、バラエティにとんだ食事になっています。

食事3

 

紅いもモンブラン、グァバ味ゼリーはともにたべていただきたいです!

食事4

 

ドリンク類もオリオンビールをはじめ泡盛や各種リキュール、コーヒーや紅茶、各種ソフトドリンクもそろっています。

食事5

お酒類

食事6

 

こちらが実際に取り分けた時の様子になります。

とりわけ1

食事7

食事8

そして乾杯!

かんぱい

 

日中のラウンジサービスについて

日中もスナックタイムとしてラウンジサービスはあります。
利用時間は朝10時半から午後4時までとカクテルタイムが終わった後の午後7時から8時半まで。

メニュー自体はスナック系菓子類とソフトクリーム、そしてソフトドリンク類ととてもシンプルなものです。

スナック

ソフトクリーム

もしかしたら、あなたはなんだそれだけ?と思われたかもしれませんね。

しかし、コーヒーやソフトドリンクをちょっと飲みたいときに日中いつでも出入り可能なラウンジサービスがあるのはとても便利ですよ。

コーヒー

さらに言えば、日中のラウンジサービスはカクテルタイムに比較してとてもすいていることも魅力のひとつです。

瀬底リゾートという場所柄日中は観光に出かけたり、ビーチやプールで楽しむ宿泊客が多いせいか、ぼくが訪問した時も貸し切り状態でした。

以前、ヒルトン東京のエグゼクティブラウンジサービスのレポートの時にも書きましたが、個人的にはラウンジサービスの醍醐味はこのスナックタイムにあるのではないか、と思っています。

というのもラウンジの窓側の席で伊江島や水納島などを近くに感じられる絶景をひとり全身で感じることができるからです。

こういった場所でブログなどを書き続けるのいいなーと思いました。

長期滞在でワーケーションなんてとても魅力的ですね。

風景3

繰り返しになりますが、スナックタイムの飲食に関しては特段目立ったラウンジサービスはありません。

が、ゆったりとした空間で時間を過ごせ、とても贅沢な気持ちにさせてくれるというのが、エグゼクティブラウンジの最上のサービスと言い切れるのでは、と個人的には思います。

それもひとえにいろいろな配慮をしてくださるホテルスタッフのみなさんのおかげだと、実際にその場を体験してみて肌身に実感しております。

だからこそあなたが瀬底にて複数泊かつエグゼクティブラウンジへのアクセスが可能ならば1回はスナックタイムの利用をおすすめしたいです!

まとめ

ここまでお伝えしてきましたようにヒルトン沖縄瀬底リゾートのエグゼクティブラウンジは、東京各地にあるヒルトン以上に昼の顔と夜の顔が異なります。

ぜひあなたも昼と夜、両方のラウンジサービスをぜひとも味わってください!

おすすめですよ。

 

ということで今回はエグゼクティブラウンジのレポートでしたが、各地のヒルトンホテルではジムやプール、レストランやインルームダイニングなど、ホテルの施設をしっかり活用することで、そのホテルのよさをさらに体感できることができますね。

その点でいえばヒルトンホテルの場合、あなたが宿泊している部屋でもっと楽しんでみませんか?

せっかくの居心地のよいラグジュアリー感のある部屋に泊まっているのですから、部屋での楽しい過ごし方を提案いたします。

下記リンク記事よりご覧ください!

また、ヒルトンホテルに有利に宿泊できる有料の会員制度があります。
その名もHPCJ。

年に数回ヒルトンホテルを利用するだけで元が取れる有利な会員制度なので、この機会に検討してみてもよいかもしれませんね。

HPCJに入会してヒルトンホテルをお得に堪能しましょう!

日本のヒルトンホテル独自サービスとして、宿泊費やレストランでの食事が割引でうけられる会員制度があります。
それはHPCJ(ヒルトンプレミアムクラブジャパン)。

わが家もHPCJに加入してヒルトンホテルのサービスを割安料金で活用させていただいています。

対象ホテル一覧 ブログサイズ

初回入会金は25,000円と少し費用を要しますが、1年後の更新料は1万円。
しかも新規入会および更新時それぞれのタイミングで宿泊やレストランで利用できる5,000円分の割引券を2枚もらえます。

HPCJ特典ブログサイズ

ということは結果、初回時は15,000円、2回目以降は0円で更新ができるのです!
わが家もこの制度を利用してヒルトンホテルのサービスを堪能しています。

加えてこれまでにも夫婦お互いの誕生月(その前後の月も含む)にはHPCJの割引を利用してヒルトンに宿泊し、レストランで食事をすることでバースデーケーキ(3日前までの予約)もいただいております。

ヒルトン成田

バースデーケーキ

ヒルトン東京

ヒルトンお台場

再びヒルトン成田

ケーキアップ

ヒルトン長崎

バースデーケーキ

ダブルツリーbyヒルトン富山

ヒルトン富山 HPCJ誕生日ケーキ

このようにHPCJのサービスはヒルトンホテル利用時にとてもお得に活用できます。
宿泊レートが高騰しつつある現在、HPCJのような会員制度を利用して旅行を楽しむことは「あり」だと、わが家の実体験からもおすすめしたいです。

また初回入会時にポイ活サイトのハピタスやモッピーを経由することで数千ポイントの還元も受けられますので、これを機にモッピーやハピタスに加入することもあわせておすすめします。

ハピタスやモッピーいずれも、突然ポイント還元が終了することも十分に考えられますので、思い立った日に入会されることをおすすめしたいです。

わが家もそうやって入会し、これまでに会費以上の恩恵を受けてきました!

ハピタス会員登録後のHPCJお申込みはこちらから

ハピタス ブログサイズ

 

モッピー会員登録後のHPCJお申込みはこちらから

稼いだポイントをマイルへ!陸マイラー御用達モッピー

モッピー ブログサイズ

 

HPCJ掲示

年会費は少々お高いですが、ヒルトンアメックスプレミアムカードを先に申し込めばHPCJの初年度年会費が無料になる特典もあります!

わが家ではHPCJとヒルトンアメックスプレミアムカードの合わせ技でダイヤモンド会員としてヒルトンホテルのサービスを最大限受けています。

同じお金を支払うにしてもそのリターンがまったく違ってくるのがホテルステータス。

下記リンク記事もご覧いただき、ヒルトンアメックスプレミアムカードの詳細をご覧ください!