鉄火丼

このコロナ禍で外食する際、「おいしく食べられる」だけではなかなか足が向かないですよね。

「おいしく食べられる」に加えて「安心・安全に食べられる」という基準も大切なお店選びのポイントになるでしょう。

本ブログでたびたび取り上げているデパートのレストラン街にて営業しているお店は「おいしい」と「安心・安全」の両方をみたす良店が多いです。

そして今回は魚屋さんが運営する、豊洲市場直送の旬の魚が食べられるお店を紹介。

実際に訪問、実食してきた体験レビューになります。

満足度の高いお店ですので、ぜひおすすめしたいです!

海鮮 魚力 池袋東武店 店舗概要

住所:東京都豊島区西池袋1-1-25 東武百貨店池袋店 店本館 13F
電話:03-6384-7711
営業時間:11:00~22:00(L.O.21:30)
新型コロナウィルスの感染状況により変更あり

定休日:不定休(東武百貨店に準ずる)
カード可

店舗外観

入店時に手の消毒と検温を済ませます。

店内1

店内2

外観から落ち着いた雰囲気が容易に想像できますが、店内も落ち着いて食事ができるレイアウトになっています。

この状況下、こういったレイアウトのお店は貴重ですね。
これで「安心・安全」面はクリア!

実食レビュー

こちらのレビューは緊急事態宣言外時の訪問をベースに書いております。

さて、今回いただいた食事メニューは以下の4品。

季節の天ぷら
めりかり揚げ
魚力の寿司10貫
本マグロ中トロ入り鉄火丼

今回は2種の揚げものを乾杯のおつまみにしました。

それではビールで乾杯(@550円)!

ビール

 

ほたるいかと、竹の子の天ぷら

春らしく筍とホタルイカをからり揚げたひと皿です(680円税抜・以下同)。
この時期だからこその春のうまみで幸せになれる一品。

季節のてんぷら

ビールであわせて◎ですね。

 

めりかり揚げ

季節の天ぷらとともにオーダーしためひかりは思ったより大ぶりでした(580円)。
しかもうまみもあってこちらもおすすめ!

めひかり

こちらもビールによく合いますね。

そして夫婦とも生魚を食べるということで熱燗2合(日高見・1,400円)にチェンジ!

日高見

魚力市場寿司10貫

こちらは妻がオーダーしたお寿司です(1,680円)。
メインの寿司10貫のほか、アサリのお味噌汁、茶わん蒸し、サラダがついています。

寿司セット

まぐろ、ブリ、赤貝、いくらなどメジャー処をラインナップしたお寿司がこのお値段でいただけるのは、さすが魚屋さんならではですね!

寿司アップ

妻曰く、もっともおいしかったのはブリとのこと。
ほどよく脂がのっていたようです。

本マグロ中トロ入り鉄火丼

こちらがぼくが注文した丼(1,780円)。
注文時にご飯(酢めし)の量をきかれて思わず大盛りと応えてしまいました。

鉄火丼セット

ぼくの予想以上の盛りでびっくりです。
茶碗3杯分は軽くあるというくらいですね。

鉄火丼

マグロは赤身と中トロが酢飯をおおいかくすようにのっています。
アトレ豊洲内で運営している「ブルーフィンUORIKI」でも思ったのですが、魚力のマグロはおいしいですね!

さすが仕入れに注力している魚のひとつです!

そしてサイドメニューの茶わん蒸し。
小ぶりながらも銀杏や鶏肉、風味づけにカットされたゆずが入っていたりと、味わい豊かな一品でした。

茶碗蒸し

お味噌汁もだしがよくきいており、滋味深かったです。

味噌汁

ちなみにごはんの量は普通盛りで十分なことを合わせてお伝えしておきます。
大盛りは食べ盛りの高校生向けですね(笑)。

 

まとめ

何度も繰り返すことになりますがデパートのレストラン街のコロナウィルス対策は、比較的レベルが高いと思います。

そこで「安心・安全」を担保しつつおいしいものが食べられるのは、これからの時代のひとつの指標になるかもしれません。

また魚力は魚の小売業から始まったということもあり、鮮度のよい旬の魚が手ごろな値段で味わえるがいいですね。

デパートのレストラン街にもかかわらず、価格がおさえめなのも魚屋さんだからこそでしょう。

ぼくたち消費者にとっては通いたくなるお店のひとつです。

また同じ東武池袋B2Fには魚力の鮮魚と鮨の販売店があります。
そちらものぞいてみてください!

魚力 鮮魚店