西園食堂外観

西園食堂は現在休業中です

東園のさるやまキッチンは営業中です。

一般的に動物園内にあるレストランといえば、子供向けメニューを中心としたラインナップを想像されがちです。

しかし今回あなたにおすすめする上野動物園内にある西園食堂は大人も十分満足できるメニューがそろっているのです。

ですから上野動物園の年間パスポートを所有しているぼくたち夫婦は、パンダ見学の後必ずと言っていいほど西園食堂でランチをとったり、お茶を飲んだりしています。

中でも今回おすすめするメニューはぜひともあなたに食べていただきたいのでこちらで紹介させていただきます。

それではまずは西園食堂の概要からご紹介しましょう。

上野動物園 西園食堂概要

西園食堂外観

住所:台東区上野公園9−83 上野動物園内
電話:03-3821-6886
営業時間:10:00~17:00(L.O.16:00)
定休日:上野動物園に準ずる
カード可
全席禁煙

上野動物園内パンダのもりの向いにあります。

食堂地図

西園食堂おすすめメニューは?

西園食堂のメインメニューはこちら。
2021年6月の再開園後、カレーなど一部メニューが値上がり、およびメニューの変更がなされています。

こちらが2021年6月からのメニュー。

メニュー

下がそれ以前のメニュー。

西園食堂メニュー

スパゲティからスイーツ、ドリンク、そして季節限定のメニューまで豊富にそろっています。

そして中でもおすすめなのがこちらの2品。

それはカレーとチキンバスケット!

メニュー名だけ聞くとごくごくどこにでもある一品なのですが、リピートしても飽きることがありません。

カレー

カレー

値段:730円(大盛りは+50円)

専門店のカレーのようなスパイシーさはないものの、決して子供にこびたテイストではありません。

しっかりと大人が満足できるコク、うまみ、辛さをそなえた満足度の高いカレーです。

ぼくたち夫婦はこちらでランチを取る際、かなりの確率でカレーを注文しています。

コロナ以前、週末の午前はシャンシャンに会いに行っていた時期がありました。

その時は決まってこのカレーをランチで食べていたものです。

そして今でもパンダのもり訪問の後は西園食堂のカレーも楽しんでいます。

チキンバスケット

チキンバスケット

そしてもうひとつのおすすめはチキンバスケット。

値段は763円

フライドチキン2ピース、フレンチフライ、ミニサラダ、バゲットにドレッシングとケチャップもついてこのお値段ですからお得ですよね。

バゲットは軽くあぶられておりほんわかとしていい感じ。

チキンにいたってはころもがとてもサクサクで、そこにフレンチフライがつくとなれば、ビールが飲みたくなるのも人情です。

チキンアップ

 

ビール

生ビール(現在は販売休止中):560円(写真左はアイスコーヒー)

そう、西園食堂ではビールも注文できるのです!

そういった意味でも大人も満足!

まわりのお客さんを見渡しても、昼から軽く飲んでいる子供づれの夫婦もちらほらといます。

カレー、チキンバスケット、ビール…これをふたりでシェアして食べればほどよくお腹も満足できるので、あなたにもぜひおすすめしたいです。

そしてフロート(350円)やフラッペ(280円)などをオーダーしてシメるものもいいですよ。

フロートとフラッペ

コロナ対策は?

多くの人が行きかう動物園だからこそ、コロナ対策も抜かりがありません。

入口にはアルコール消毒液が設置されていますし、前金制のセルフサービスカウンターもビニールシートで飛沫防止ができています。。

そして平常時よりも間隔をあけたテーブルセッティング。
2021年6月の再開園後は防止策がさらに強化されていました。

店内1

店内2

下の写真は以前の様子です。

テーブル間隔

使用のたびにスタッフさんがテーブルと椅子を消毒してくれます。

12時ごろになると混みがちになってきますので、すいている11時前後に入店し、混む前に腹ごしらえして席をたつのがおすすめです!

まとめ

このようにほどよい価格の食事メニューと行き届いたコロナ対策で、西園食堂では心地よいひと時が過ごせます。

これまで動物園内の食堂というイメージだけで敬遠されていた方も、ぜひ一度西園食堂に足を運んでみてください。

おすすめですよ!