ローストビーフ

今回の記事はインターコンチネンタル東京ベイの宿泊記④になります。

これまでの記事については下記リンクからご覧ください。

宿泊2日目の夕食はインターコンチネンタル東京ベイにあるシェフズ ライブ キッチンが提供するできたて料理の数々が色々食べられるディナービュッフェに行ってきました。

普段ビュッフェというとなかなか足が向かないのですが、ホテルのビュッフェとなると話は別。

やはりそのホテルのプライドをかけたメニューを構成してくると思うのです。

対象となるのは宿泊客だけでなく、ビュッフェだけを食べに来られる方も多数いらっしゃるでしょうし、そのようなお客を将来的な宿泊客にできるきっかけを作る絶好のチャンスだと思うからです。

やはり「食」が満足できるホテルは選ばれる頻度も高くなりますよね。

おいしいものを食べてラグジュアリーな部屋で非日常感を味わいながら眠る。

やはりこういった過ごし方を年に一度はやってみたい。

そして今回はその両方が実現できました!

ということでシェフズ ライブ キッチンでのディナービュッフェのレポートに参ります!

ディナービュッフェの料金は?

さすがホテルのビュッフェらしく、ビュッフェ単体の料金から、飲み放題、アルコール2杯つき、ベイサイドの席確約などいろんなプランがラインナップされています。

 

ですのでまずはビュッフェ単体の料金からおしらせします。

平日:大人 ¥5,500 / 子供 ¥2,900

土日祝 :大人 ¥6,300 / 子供 ¥3,200

いずれも税・サ別になります。

そしてぼくたち夫婦が予約したのがこちらのコース

平日限定・選べる2ドリンク付き

OZモール経由での予約でひとり7,100円。
こちらは税・サ込の料金です。

ビュッフェ単体の料金が上記の額であることを考えるとお得ですね。

 

 

一休.comレストランでもでもお得なコースがあります。

 

 

シェフズ ライブ キッチンでのディナービュッフェの実食レビュー

予約時間は18時半。
それまでは部屋でゆっくりしてから会場のホテル3Fに向かいました。

入口

ちょうどハロウィンの時期だったので、入口もハロウィン仕様に!

コロナ対策は

会場は朝食ビュッフェ同様ホテル3Fのシェフズ ライブ キッチン。
入口にて手の消毒の後、スタッフさんに席まで案内していただきました。

朝食時と異なるのは手袋を渡されなかったこと。

そう、ディナービュッフェは一部料理を除き、それぞれのブース担当のシェフの皆さんに取り分けていただく形式になっています。

ですからぼくたちゲストはマスクをして食べたい料理のブースの前に行くだけでOK!

プロがきれいに盛り付けてくださるので、味はもとより見た目も美しくてさらにいっそうおいしくいただけますね。

会場の雰囲気は?

また、会場の雰囲気はこんな感じです。

会場1

会場2

朝ごはん会場と同じながらも夜になるとシックな感じになりますね。

 

シェフズ ライブ キッチン実食レビュー

それでは席に着いたのでまずは乾杯を!

今回OZモールのドリンク2杯プランでオーダーしたビールです。

ドリンクメニュー

ビール

そして最初にいただくのはコラーゲンたっぷりカボチャと鶏つくねのパイ包みスープ。

こちらは席まで運んできてくれます。

スープ1

パイ生地のふたを開けると熱々のパンプキンスープが!

野菜類や鶏のつくね、豆類などがふんだんに入っている具沢山で、かぼちゃベースのもったり感があると思いきや意外とあっさりと味わえ、後のビュッフェの邪魔をしない味付けになっています。

スープ2

 

さて、スープを食べ終わるといよいよビュッフェの幕開けです!

ひと通りメニューを眺め終えたらまずは前菜からピックアップ。
シェフズ ライブ キッチンのテーマでもある「ヘルシー・ビューティー・フレッシュ」を体現した小皿の数々ですね。

スモークサーモンと秋のフルーツサラダ

スモークサーモンサラダ

かぼちゃのフラン クリームチーズ(写真左上)

鴨胸肉のスモークと秋のフルーツ添え(同右上)

サーモンのミキュイ オレンジの香り(同右下)

田舎風パテ ハロウィンスタイル(同左下)

豆乳のブランマンジェ もち麦の麻婆風(同真中)

 

前菜群2

かぼちゃペースト

朝食レビューの時にもレポートしましたが、やはりスモークサーモンがおいしい!
フルーツとの組み合わせはさながら生ハムの載ったメロンのような感じですね。

食べすぎると他の料理が食べられなくなるので、ひと皿だけにとどめておきましたが、このサラダをずっと食べていたくなります。

その他の前菜類もそれぞれ食材のうまみが引き出ており、お酒のおつまみとしてもいい感じです。

 

そしてさっそく今回お目当てにしていたローストビーフをいただきます!
こちらはディナービュッフェ限定のメニューになります。

ローストビーフサーブ

その場でシェフにサーブしていただいたものを、和風ソースにわさび添えていただきました。

ローストビーフ

しょうゆベースの濃いめのソースがわさびとからんで肉の味をいっそうひきたててくれますね。
もうすでに満足です。

 

とはいえ次は肉と魚、それぞれの洋食温製をいただきます。

ミートローフ 秋野菜を添えて(写真左上)

ソフトシェルシュリンプと彩り野菜のソテー トマトガーリックの香り(同右上)

白身魚のかぼちゃ クルート焼き(同右下)

パンプキンのミイラグラタン(同左下)

洋食温製

ソフトシェルクラブは何度か食べたことはありましたが、ソフトシェルシュリンプは始めていただきました。
その名の通りからがやわらかくてうまい!
ガーリックとの相性も最高です。

シュリンプ

白身魚(鯛)の身のしまり方も最高で、実はこれが今回のビュッフェでの一番のお気に入りだったりします。

鯛

 

さて次はこれまたディナー限定メニューのてんぷらを。
6種(えび いか ししゃも エリンギ なす カボチャ)すべていただきました。

てんぷらあげる

やはりあげたては塩に限りますね!

てんぷら

 

つづいてこれまたディナー限定メニューの国産牛の鉄板しゃぶしゃぶ。
こちらも目の前で作ってくれたできたてをいただけます。

やきしゃぶ

ポン酢ベースのタレが食を進めてくれますね。
ごはんが欲しくなります。

やきしゃぶもりつけ

 

朝食同様たまご料理もあります。
しかし夜の具材は豪華なものばかり!

タマゴメニュー

ぼくはうなぎとネギの和風オムレツをいただきました。
さらりとかかった和風だしの餡がより風味を引き立てます。

うなたま

 

そしていよいよ食事のシメを。
今回はにぎりずし3巻(鯛、サーモン、まぐろ)とお味噌汁にしました。

ビュッフェということもあり、他の料理にも合わせやすい小ぶりなサイズ感にいたく感心。
こういったところがうれしいですね。

もちろんおいしくいただきました!

すし

みそ汁

これでご飯ものはすべて終了。

しめのデザートでは以下のものをいただきました。

マロンアイスのパフェ

マロンアイス

こちらはメニューの中から自分でカスタマイズできるデザートです。
デザートもいろんな種類を食べたいので量も控えめのカスタマイズです。

そしてケーキ類も3種いただきました。
アップルパイ、ティラミス、モンブランです。
にぎりずし同様、サイズが小ぶりなので多くの種類がいただけますね。

ケーキ

 

ちなみにケーキなどデザートの種類は以下のものがあります。

 

チョコレートムース

グレープゼリー

モンブラン

モンブランクリーム

チョコレートケーキ

ティラミス

パンプキンチーズケーキ

アップルパイ

ケーキ1

ケーキ2

 

シェフズ ライブ キッチンまとめ

今回はメニューの8割以上をいただけたと思います。

ですから上のレビューを読んでいただければ、シェフズ ライブ キッチンのディナービュッフェのメニューの大かたの様子をつかんでいただけることでしょう。

もちろん月によってメニューの変更はあります。
しかしメインとなるローストビーフやてんぷら、たまご料理などは大きくは変わらないでしょう。

 

今回はハロウィン期間中のディナービュッフェということもあり、ハロウィン色が強いメニューかと予想していました。

しかしハロウィンのカラーは色づけ程度で過度なアレンジはなく、おいしいものをおいしい見た目でおいしく食べられたのがとてもよかったです。

また、ホテルの性質上、子供は少なかったです。
まさに大人が楽しむ大人のためのビュッフェといった感じも好感が持てました(平日ということもあったかもしれません)。

こういったビュッフェならまた別の季節に新しいメニューをいただきに行きたくなりますね。

シェフズ ライブ キッチンのディナービュッフェおすすめです。

OZモールや一休からの予約ですと、ポイントもたまりますよ。

両方のサイトとも多くのプランを用意していますので、一度ご確認してみてください!