サードバーガートップ

この記事を読んいただけるとthe 3rd Burgerの特色がわかります。

・すべての食材の仕込みを各店舗ごとに行っている
・1,000円前後でグルメバーガーが食べられる
・ボリュームのあるハンバーガーが食べられる
・健康的にハンバーガーが食べられる

ファーストフードの代表格といえばハンバーガでしょう。
なかでも誰でも思い浮かべることができるショップといえば〇ク〇ナルド。
お代も数百円と実に手軽に食べられますよね。

でも10代や20代ならともかく、年齢も40歳をこえると今さらジャンクフードを積極的に取りたいとは思えません。

貴重な1回分の食事をそのように済ませたくないというのが本音のところです。

それは味の面からもそうですし、健康という面からも食べたいとは思えなくなります。

とは言えハンバーガーそのものは食べたい。

しかもファーストフードほどジャンクでもなく、いわゆる高級グルメバーガーと言われるジャンルほど価格も高くないものがあればベストです。

ハンバーガーについては以前からそんなことをなんとはなく考えていたのですが、ついにその希望に見合うお店に出会いました!

それが今回ご紹介するハンバーガーショップ、the 3rd Burger(ザ サードーバーガー)です(以下、サードバーガー)。

本記事では実食レビューをまじえつつ、サードバーガーのおすすめができればと思います。

どうぞ最後までお付き合いくださいませ。

サードバーガーのコンセプト

サードバーガーのコンセプトのひとつが「All Made Here」。
つまり仕込みから調理までを各店舗ごとに行うということ。

バンズには保存剤・防腐剤を加えず、しかも毎日各店舗でタネを発酵させて焼き上げます。

パティは生のブロック肉(100%)を毎日各店舗でカット後、ミンチにして作っています。

もちろん野菜類も厳選したものを毎日仕入れている。

とくに着目したいのはパティは牛100%のブロック肉からミンチにしていることと、バンズが自家製であること。

高級なお店というほどではない、そこそこの販売価格帯でここまでしているお店はありそうでなかなかないですよね。

それではここまで自家製にこだわるサードバーガーの味ははたしてどうなのでしょうか?

サードバーガーの実食レビュー

今回ぼくたち夫婦がいただいたのはサードバーガーアトレ竹芝店。
インターコンチネンタルホテル東京ベイに宿泊した際に食べに行ったのです。

そして今回オーダーしたメニューがこちら

サードバーガー(550円)
アボカドわさびバーガー(650円)
ドリンクM&ポテトセット(520円)
ドリンクS&ナゲットセット(470円)
ナゲット単品(通常350円/セット注文時は250円)

3rdバーガー注文メニュー

ナゲットは持ち帰りにしたため写真には入っていません。

 

そしてサードバーガーのアップはこちら

サードバーガートップ

店名を冠したこのハンバーガーの特色は小松菜が入っていること。
150gのパティやトマトなど番バーガーで一般的に使われる具材に加えて小松菜も存在感をだしています。

小松菜

おひたしや中華料理の炒めものなどのイメージしかないので、このような形で小松菜を見るととても違和感が残るのは否めません。

しかしいざ食べてみると…うまい!
小松菜のちょっとしたニガミとシャキシャキ感がパティやトマトと一体化して味に深みが出てきます。

そしてパティの厚みもすごい!

パティ

数あるトッピング野菜候補の中から小松菜をチョイスしたメニュー企画の方は本当にすごい!と食べながら思ったくらいです。

どうして小松菜をいれようと思ったのか、知りたいところですね。

 

そして次はアボカドわさびバーガー。
こちらは妻が注文したハンバーガーです。

アボカドバーガー

アボカドとわさびの組み合わせ、そしてアボカドの入ったハンバーガー自体はメニューとしても浸透しています。

しかしこのアボカドの量はなかなか見慣れませんね。
パティと同量くらいアボカドが盛られている。

妻曰くおいしいことはもちろんだが、いざ食べてみるとかなりのボリュームがある、とのことでした。

 

そしてこちらがフレンチフライ。
「All Made Here」ということで店内でカットしたジャガイモをその場で揚げた、熱々ほくほくの揚げたてをいただけます。

ポテト

ほどよい塩加減が食を進めさせ、コーラで流し込みながらも「あー、ビールにしておけばよかった」とすこし後悔しました。

 

そしてナゲット。
ナゲットはイートインせず、ホテルに戻っていただきました。

ナゲット

こちらのナゲットはしっかりと鶏肉の味がして、おすすめです。
ソースもバジル、エスニックタルタルから選べます。

今回はナゲットを2セット注文したので、ソースも両方いただきました。

とくにエスニックタルタルで食べることをおすすめします。
タルタルの濃いめのコクのある味がナゲットにとてもよくあいますよ。

サードバーガーまとめ

以上が今回アトレ竹芝店でいただいたメニューになります。

ころいい値ごろ感と味のものを見つけられなかったこともあり、ハンバーガーを積極的に食べることはこれまでなかなかありませんでした。

しかしサードバーガーのようなハンバーガーショップに出会うとランチローテーションの1メニューとして加えてもいいかな、と思えるほどおいしかったです。

1,000円のとんかつ定食にするか、サードバーガーセットにするか、今ならサードバーガーセットを選ぶでしょう。

このクオリティでセット価格が1,000円前後のグルメバーガーというのは、実はありそうでなかなかありません。

木目を基調にしたナチュラルテイストの店内でいただく中価格帯のグルメバーガーは、素材にも気を使っているので健康的にハンバーガーが食べられるような気にもなります。笑。

まだ都内でも店舗数が限られていますので、大手ハンバーガーチェーン店のように身近にあるわけではありませんが、もしあなたも見かけたらものはためしと一度トライしてみることをおすすめします!

最後に竹芝店の店舗概要をお知らしいたします。

サードバーガー アトレ竹芝店概要

住所:東京都港区海岸1-10-30 タワー棟 1F
電話:03-5422-1508
営業時間: 10:00~22:00(L.O 21:30 TAKEOUT 21:45)
日曜営業
定休日:年末年始(詳細は店舗までお問合せください)
カード可

店舗1

店舗2