本記事には広告が含まれています

【ヒルトンアメックスカード】年間2泊以上ヒルトンを利用するなら必携です!

当ブログ「旅と生活」でも全国のヒルトンホテルを紹介していますように、わが家ではヒルトンを利用することが多いです。

そして宿泊の際、支払いに利用しているクレカはヒルトンアメックスプレミアムカード。
年会費はそこそこかかりますが、得られるリターンも大きいと実感!

プレミアムカード

さまざまなブログなどで散見されるヒルトンアメックスカードの紹介記事の多くは、カード特典のスペックを述べるにとどめる事務的な内容が多いです。

しかし下記リンク記事では、なぜわが家がヒルトンアメックスプレミアムカードを申し込み、現在どのように利用しているかを実体験をまじえてくわしく紹介しています。

実は年会費がかかるだけに入会するまで何度も逡巡しました。
結果、今ではヒルトンアメックスカードを有効活用することで、時間とお金の使い方が上手になり、ホテルでの過ごし方も大きく様変わりしました。

もっと言えば人生の価値感が変わったといえるかもしれません。

もしあなたが頭の片隅にすこしでもヒルトンアメックスカードのことがよぎったならば、いちど下記リンク記事をご覧になってください。

今後のホテルでの過ごし方、ひいては旅行の仕方そのものがバージョンアップされると思います。

 

ジム全景トップ

ここ最近のホテルステイでは意識的にホテル内にあるジムに行くことを心がけています。

ブログにてホテルの施設をレポートする目的はもちろん、ホテルの施設を積極的に楽しみかつ健康管理をかねて足を運んでいます。

そして今回のヒルトン東京お台場でもフィットネスジムに行ってきました。

ヒルトン東京お台場 フィットネスジム概要

ヒルトン東京お台場のフィットネ関連施設は有料と無料、大きくふたつに分かれています。

無料施設:ジム

有料施設:庵スパ TOKYO
※庵スパ TOKYOにはプール、ロッカールーム、シャワールーム、リラクセーションラウンジなどがあります。

無料施設でもあるジムにはお手持ちのルームキー(カードキーもしくはデジタルキー)が必要になってきます。

宿泊者が24時間無料で利用できるかわりに入り口のドアは常にロックされており、開錠にはルームキーを用いなければいけません。

ちなみにぼくは開錠にデジタルキーを使用しました。

デジタルキー ジム

またロッカーなどは有料施設・庵スパ TOKYO内にあるため、自分の部屋でトレーニングウェアに着替え、ジム利用後は自室でシャワーを浴びる方が多い、と庵スパ TOKYO受付スタッフがおっしゃっていました。

もう少し突っ込んで訊いたところ、ダイヤモンド会員ならロッカールームとシャワールームそしてプールは無料で利用できます(水着類は有料レンタルがあります)。

こちらがロッカーとプールの模様です。

ロッカー1

ロッカー2

洗面所やシャワーブースにあるアメニティ類はDHC製でした。

ロッカー3

ロッカー4

プール

ジム利用レビュー

先ほども申し上げたように、ジムは全宿泊者にとって無料です。

ぼくも自分の部屋にて運動できる格好をしてからジムに向かいました。
ヒルトン成田やヒルトン東京ベイに比べてとてもこじんまりしています。

しかしマシン類はひと通りそろっているので、時節柄密にならないように気をつけながらエクソサイズは満足にできますね。

下の写真はホテルHPからいただきました。

ジム全景

壁が鏡になっているためとても奥行きがあるように見えますね。

以下の写真はぼくが訪問時に撮影してきたものです。
ジムの入り口側にはダンベルトレのほか、ストレッチ運動なども可能なマットも敷かれています。

ジム1

ぼくは普段から屋外をランニングをしているので、使用するマシンも限られていますが、筋トレ系もそろっていますので、充実したトレーニングは施せるでしょう。

ジム2

ジム6

今回ジムでのエクソサイズの後、ロッカーのシャワーを利用しました。

ぼくはダイヤモンド会員なので無料で利用できましたが、通常は1,200円必要です。

ですからプールやジャグジーなども利用するなら庵スパ TOKYOにチェックインするのも「あり」ですが、ジムだけならシャワーは自室でもいいでしょう。

まとめ

ジムそのものの施設内容は比較的小さいです。

しかし受付手続きなどが不要なため、気軽に利用できるのはメリットでもあるでしょう。

こじんまりしながらも給水機やタオル類も完備し、利用者のかゆい所に手が届く仕様になっていますので快適に利用できることは請け合いです。

ジム5

ジム7

ヒルトン東京お台場のジムは、さっと運動してさっと帰ってくるというスタンスの方にはとても快適な施設です。

ホテルステイ時に一度行っていみてはいかがでしょう?

その他のヒルトン東京お台場の記事は下記リンクからご覧ください!

下記リンク記事よりご覧ください!

 

また、ヒルトンホテルに有利に宿泊できる有料の会員制度があります。
その名もHPCJ。

年に数回ヒルトンホテルを利用するだけで元が取れる有利な会員制度なので、この機会に検討してみてもよいかもしれませんね。

HPCJに入会してヒルトンホテルをお得に堪能しましょう!

日本のヒルトンホテル独自サービスとして、宿泊費やレストランでの食事が割引でうけられる会員制度があります。
それはHPCJ(ヒルトンプレミアムクラブジャパン)。

わが家もHPCJに加入してヒルトンホテルのサービスを割安料金で活用させていただいています。

対象ホテル一覧 ブログサイズ

初回入会金は25,000円と少し費用を要しますが、1年後の更新料は1万円。
しかも新規入会および更新時それぞれのタイミングで宿泊やレストランで利用できる5,000円分の割引券を2枚もらえます。

HPCJ特典ブログサイズ

ということは結果、初回時は15,000円、2回目以降は0円で更新ができるのです!
わが家もこの制度を利用してヒルトンホテルのサービスを堪能しています。

加えてこれまでにも夫婦お互いの誕生月(その前後の月も含む)にはHPCJの割引を利用してヒルトンに宿泊し、レストランで食事をすることでバースデーケーキ(3日前までの予約)もいただいております。

ヒルトン成田

バースデーケーキ

ヒルトン東京

ヒルトンお台場

再びヒルトン成田

ケーキアップ

ヒルトン長崎

バースデーケーキ

ダブルツリーbyヒルトン富山

ヒルトン富山 HPCJ誕生日ケーキ

このようにHPCJのサービスはヒルトンホテル利用時にとてもお得に活用できます。
宿泊レートが高騰しつつある現在、HPCJのような会員制度を利用して旅行を楽しむことは「あり」だと、わが家の実体験からもおすすめしたいです。

また初回入会時にポイ活サイトのハピタスやモッピーを経由することで数千ポイントの還元も受けられますので、これを機にモッピーやハピタスに加入することもあわせておすすめします。

ハピタスやモッピーいずれも、突然ポイント還元が終了することも十分に考えられますので、思い立った日に入会されることをおすすめしたいです。

わが家もそうやって入会し、これまでに会費以上の恩恵を受けてきました!

ハピタス会員登録後のHPCJお申込みはこちらから

ハピタス ブログサイズ

 

モッピー会員登録後のHPCJお申込みはこちらから

稼いだポイントをマイルへ!陸マイラー御用達モッピー

モッピー ブログサイズ

 

HPCJ掲示

年会費は少々お高いですが、ヒルトンアメックスプレミアムカードを先に申し込めばHPCJの初年度年会費が無料になる特典もあります!

わが家ではHPCJとヒルトンアメックスプレミアムカードの合わせ技でダイヤモンド会員としてヒルトンホテルのサービスを最大限受けています。

同じお金を支払うにしてもそのリターンがまったく違ってくるのがホテルステータス。

下記リンク記事もご覧いただき、ヒルトンアメックスプレミアムカードの詳細をご覧ください!

ヒルトンホテルをよりお得に、より心地よく使えるクレジットカードがあります。
下記リンクから詳細をご覧ください。

あなたが有利な特典を得たい場合はヒルトンプレミアムカードをおすすめします!

下記リンクからカード詳細のご確認および入会をしていただけると、ヒルトンアメックスの公式キャンペーンのタイミングに応じて有利に入会もできます!

まずは詳細のご確認をおすすめします。

ヒルトンアメックスプレミアム ブログ貼りつけ用

朝食無料特典がつくだけでもヒルトンアメックスカードを持つ価値があります!

ヒルトンアメックスレギュラーブログ貼りつけ用

これからもヒルトンホテルを利用するようでしたら、いずれか一枚はぜひ持っていたいカードです!