蟻月テイクアウトトップ

以前、池袋東武のレストラン街にて恵比寿の有名店・蟻月のもつ鍋をいただきました。

こちらのもつ鍋は本当に品がよく、だしの旨味もしっかり感じられるうえ、モツの脂にもたれることもなくペロリといただけました。

もちろん〆の麺までおいしかったことは言うまでもありません。

そして実は今回、そんなおいしい蟻月のもつ鍋を気軽にテイクアウトして自宅でおいしく食べられる、ということができたのです!

テイクアウト版蟻月のもつ鍋 購入方法

それは池袋東武のデパ地下にて販売していました。

デパ地下1

デパ地下2

白(みそ味)、赤(しょうゆ味)と2種類のスープから選択できます。

いずれも1パック=1人前と気軽に購入できる仕様になっていますね。

ぼくたち夫婦は両方の味をひとつずつ購入して帰宅しました。

出前館やUber Eatsを通して指定した時間に宅配してもらうことも可能です。

こちらを利用すると自分の都合で動けるようになるので便利ですね。

テイクアウト版蟻月のもつ鍋の内容は?

もちろんもつ鍋ですからモツがデンと入っているのはもちろん、キャベツ、ニラ、豆腐などの野菜類もアルミ鍋にもつとともにしつらえられています。

購入パッケージ

購入パッケージ2

にんにくやトウガラシなどの薬味類は別添えです。

調味料

これは自分好みに調整できるような取り計らいですね。

またもつ鍋のもうひとつの命でもある液体スープも別容器に入っています。
持ち帰り時にスープがこぼれないよう、開閉キャップつきなのもうれしい限りですね。

 

作り方

自宅に持ち帰ってきたもつ鍋をいよいよ作っていきます!

これまでの写真の様子からも容易に想像がつくように、作り方自体はいたってカンタン!

具材が入っているアルミ鍋をコンロにのせ、スープを注ぎ、薬味をお好みのの量だけ入れて火にかけるだけ。

作り方1

作り方2

もつに火が通ったらいただきます!!

作り方3

わが家では「自宅で作れる」という利点を活かし、もつや豆腐などの野菜類を追加していただくことにしました。

野菜追加

また付属のにんにくとごま油は量が多いので、あまり分を自分で足せるように別皿に入れて添えました。

薬味

こちらが「テイクアウト版蟻月のもつ鍋+野菜まし版」です!

白(みそ味)がこちら。

完成 白

そして赤(しょうゆ味)。

完成 赤

テイクアウト版蟻月のもつ鍋 実食レビュー

まずはもつからいただきます。
やはり蟻月、テイクアウトでもしっかりぷりぷりもつがいただけますね!

くさみもなく、脂が健康食品に思えてくるくらいです。笑

もつアップ

付属の野菜類も新鮮でしたのでおいしくいただけました。

スープは白の味噌味がこってり、赤のしょうゆ味があっさりと2種類の味を楽しむことができますよ。

白スープ

赤スープ

本格的なもつ鍋好きなら味噌スープがおすすめです。
もつ鍋初心者やあっさり系の味がお好みでしたらしょうゆスープで。

どちらを選んでも素材の旨味は同じなので、おすすめであることには違いありません。

まとめ

テイクアウト版蟻月のもつ鍋は1人前1800円。
お値段だけきくと「高い」という印象を持たれたことでしょう。

が、

・具材がすでにパッケージングされている
・持ち帰って火にかければすぐにいただける
・薬味などもすべてそろっている
・そもそもおいしい

などのメリットを鑑みると妥当なお値段だと思いました。

お店でいただいても同じくらいの価格がするわけですから、自宅で1人前からいただけるという融通の利きやすさも考慮に入れるとおすすめしたいテイクアウト商品でした。

 

ぜひ一度お試しください!