本記事には広告が含まれています

トップ

仕事もひと段落した年末、新しいお店を開拓したいということで予約したのはわが家がお気に入りの街・神楽坂にある中華料理店・結華楼(ゆいかろう)。

過去当ブログでも神楽坂界隈のお店をいくつか紹介しています。

そしてこれから紹介するのはわが家が当日いただいたコース料理(税込8,800円)。
メニュー内容に大満足だからこそおすすめしたいのはもちろん、実はひとり無料でいただくことができたのです!

レシート ブログ用

ビール2杯と紹興酒をデキャンタで注文したのにもかかわらず、支払額は12,000円強。
本当にコースひとり分を割引してくれています。

このお得な方法も本記事の最後にお伝えしますので、どうぞ最後までご覧ください!

結華楼 店舗概要

住所:東京都新宿区神楽坂3-2 木村屋ビル5F
電話:03-6280-7644
営業時間:(ランチ)11:30〜15:00(LO.14:30)(ディナー)17:00〜22:00(LO.21:00)
定休日:年中無休
クレジットカード可
電子マネー不可
完全禁煙

お店は神楽坂の坂の途中にあります。

下の写真真ん中になる細長いビルの5階にお店があります。

外観1

看板

室内1

店内2

結華楼 ディナーコース 実食レビュー

今回ディナーでいただいたのは全9品からなる8,800円(税込・以下同)のコース」。
ドリンクは別料金になります。

コースメニューは以下のラインナップでした。

前菜三種盛り
蟹肉入りフカヒレスープ
青菜炒め
大海老のチリソース煮
小籠包二種盛り
鮮魚の青唐辛子ソース
黒酢酢豚
あっさり塩スープ麺
デザート3種盛り

ということでまずはビール(中)で今年一年お疲れさまでした(@880円)!

ビール

外気が乾燥している季節だけに、きりっとしたビールがうまい!

前菜三種盛り

コース1-1

コース1-2

ほたて、自家製チャーシュー、鴨肉の三種からなる前菜です。
なかでも自家製チャーシューが絶品!
写真下の琥珀色のソースをからめることでさらにうま味が倍増!

前菜がよいとその後のメニューに期待が高まりますね。

蟹肉入りフカヒレスープ

コース2-1

コース2-2

中華の定番スープともいえるこちら。
スープのうまみとフカヒレの食感、そして蟹肉もしっかり入っていてほっこりした一杯です。
うま味が強いスープとお酒って結構あうんですよね。

青菜炒め

コース3-1

本日の青菜は青梗菜。
ニンニクをしっかりと効かせた一皿。

結華楼の青菜炒めはあればあるだけ食べられるくらいうまい!

ここで紹興酒(常温)をデキャンタで注文です(@1,980円)。

紹興酒

本格的なコースメニューに入る前に紹興酒で

大海老のチリソース煮

コース4-1

今回のメニューなかで「推しのヒトサラ」のひとつ。
大海老の食べ応えと絶妙の甘辛感のチリソースがたまりません!

ソースだけで飲めちゃいますよ!

小籠包二種盛り

コース5-1

さきほど大海老のチリソースのときにもお伝えした「推しのヒトサラ」のひとつ。
なかでも「The best of 推しのヒトサラ」!

これを食べに行くだけでも結華楼を訪問する価値はあるといっても過言ではないと言い切れます。

あふれ出る肉汁に顔はほころびっぱなし!

コース5-2

豚肉ベースのスタンダートな小籠包(ピンク皮)とカニ肉(白皮)小籠包、いずれも同じくらいおいしいです。

後日改めてお店のウェブサイトを確認したのですが、やはり小籠包には一方ならぬ想い入れがあるようですね。

以下のコメントは店舗HPからの引用です。

点心の定番としてすっかり定着した小籠包ですが、当店自慢の神楽坂小籠包はひと味違います。
徹底的な温度・湿度管理で最高の状態を保った“生きた”皮で、2日間煮込んだスープを包みます。
その際、皮のひだの数は17以上と決まっています。
もちもちとした食感を失わないために、分厚くならず且つ破れないような絶妙な皮の薄さにこだわり抜いているのです。
そんな小籠包を一番美味しく頂く食べ方を特別にご紹介。
熱々のうちにレンゲの上に小籠包を取り、まずは皮に少し穴を開けてスープだけ味わった後、小籠包は一口で。
神楽坂の桜をイメージした神楽坂小籠包、抹茶の皮で包んだ抹茶小籠包、蟹の旨みがしっかり詰まった蟹肉小籠包など、バリエーション豊富な看板メニューを是非お試しください。

 

わが家はコース内でいただけましたが、アラカルトでもオーダーマストですよ!

鮮魚の青唐辛子ソース

コース6-1

こちらは妻の「推しのヒトサラ」。
うかがった日はアコウダイを使っているとのことでしたが、身の締まり方が半端ないくらいで、かむと「ぎゅっぎゅっ」と音がするくらいの鮮度とうま味です。

ソースとのからみも絶妙で紹興酒がすすむくんです。

黒酢酢豚

コース7-1

コース7-2

こちらも「推しのヒトサラ」。
すっとおはしが入るお肉の柔らかさに感激です!
それだけやわらかいにもかかわらずうまみはしっかりと、そして型くずれれもまったくしていません。
こちらも店舗HPからの紹介を載せておきます。

当店で結華楼酢豚をご注文いただいたお客様の多くは、他店では味わえない“意外な”食感に驚かれます。
中華料理としてはなじみ深い酢豚ですが、当店の結華楼酢豚には特別なこだわりが隠されています。
数々の名店で修業を積む中で「どこの酢豚も肉が固くて食べずらい!子どもからお年寄りまで美味しく食べられる、柔らかい酢豚を作りたい」と思った斎藤。
研究を重ねてたどり着いたのは、通常の調理過程の前に2時間煮込んで3時間蒸すという独自の方法。
更に、この方法で煮崩れせずに調理できる豚肉を探し求め、最終的に国産ハニーポークと出会いました。
手間暇をかけて仕上げた、とろけるような食感を是非お楽しみください。

 

あっさり塩スープ麺

コース8-1

そしてしめは麺でさっぱりと。
つるつるのストレートたまご麺と塩味のきいたスープですっきりと最後まで完食できますよ。

コース8-2

デザート3種盛り

コース9-1

写真左から胡麻団子、杏仁豆腐、オーギョーチー(愛玉子)。
そして温かいお茶で最後まで満足していただけました。

まとめ

今回初めて訪問した結華楼でしたが、いわゆる中華料理店のようなけばけばしい内装ではなくゆったりといただくことができました。

味はもちろんのこと、いろいろなメニューが食べられたコースのラインナップも大満足です!
食べ終わるころにはおなかもいっぱいで、満足度も200%!

なかでも小籠包とエビチリはぜひとも食べてもらいたいメニューです。

これからもリピートしたいお店のひとつにカウントさせていただきました。

また、本記事冒頭にもお伝えしましたが、こちらのコースメニューにビール2杯と紹興酒をデキャンタで注文して、お支払いは都合12,540円!

レシート ブログ用

コースひとり分無料の恩恵を十分に受けることができたディナーでした。

ではなぜ、ひとり分のコースが無料でいただけることができたのか、そのからくりも今からお伝えします。

それはとあるクレジットカードについている特典を利用したから。

クレジットカード特典を有効活用して外食をお得に楽しめる!

当ブログのトップページにも記載していますが、わが家の行動指針のひとつに以下のようなものがあります。

クレジットカード特典やホテル、航空会社などのステイタス、HafHのサブスクサービスなどを活用しつつ、お得に気軽に旅行することを目指しています。

これは旅行だけにあてはまるものではなく、クレジットカード特典などは日常生活でもしっかりと活用しています。

そのひとつが今から紹介するクレジットカード特典「ダイニング by 招待日和」。

特典 招待日和 ブログサイズ

TRUST CLUBという三井住友トラストグループが発行するTRUST CLUB カードについている特典です。

わが家はTRUST CLUB ワールドカードを所持しており、今回、招待日和加盟店のひとつでもあったレストランにてお得に食事を楽しめました。

カードブログサイズ

こちらを利用することで普段だったらお値段的にも二の足を踏むようなお店も気軽に予約することができるようになりました。

しかもカード1枚につき、月2回までこのサービスを受けることができるのです。
さらに言えば家族カードも1枚無料で発行でるうえ、家族カードでも「招待日和」のサービスが利用可能!

こちらのカードの年会費は13,200円と有償にはなりますが、うまく活用すればその利用価値は年会費の何十倍にもなるポテンシャルを秘めているのです。

わが家も今回実際に「招待日和」を利用して、そのポテンシャルを大いに感じることができました。
その他海外旅行の際、自宅から空港、空港から自宅への荷物配送もそれぞれ2個ずつ無料配送してもらえることも魅力のひとつ。

家族カード分も合わせれば往復それぞれ4個の荷物を無料で配送してくれるのです。

たとえば東京在住のわが家が成田空港まで往復2個ずつ荷物を発送した場合、それだけで約1万円ほどの経費が必要です。

TRUST CLUB ワールドカードならそれがまるっと無料で手配できますから、自宅・空港間の往復も身軽に移動ができますね。

海外旅行も楽しみたいわが家ではうってつけのカードになりました。

「招待日和は魅力的だけれども、年会費13,200円は高いなあ」と思われている方にはTRUST CLUBプラチナマスターカードをおすすめします。

こちらのカードなら年会費はわずか3,300円。
しかもTRUST CLUB ワールドカード同様家族カードが無料で発行できます。

プラチナマスターカード ブログ用

こちらもカードでも「招待日和」を利用することができます。
年会費3,300円ということは月々300円にみたない費用でおいしいコース料理を半額で楽しむことができるのです。

グルメ好きなら持っていて損はないカードだと思います。
旅行好き、グルメ好きのわが家では「なんでもっと早くこのカードに出会わなかったのか!」と後悔しているくらいです。

カード自体がマイナーなこともありなかなか知る機会も少ないかもしれません。

当ブログに出会えたことをご縁に、下記リンクからお申込みいただけるとお得に入会もできます。

TRUST CLUB ワールドカード申込なら初年度年会費(13,200円)が無料に。
TRUST CLUBプラチナマスターカード申込なら初年度年会費(3,300円)が半額になります。

 

 

クレジットカード1枚でその後のお金の使い方や人生の楽しみ方(少し大げさですが・笑)が大きく変わってきます。

わが家も実際に体験しているからこそ、TRUST CLUB のクレジットカードを自信をもっておすすめしたい一枚です。