本記事には広告が含まれています

必見! ハワイ旅行をより豊かによりお得に楽しめるクレジットカード厳選3選!

ハワイ旅行は行くだけでも大いに満足できるもの(実はわが家もそうです。笑)。
けれども手持ちのクレジットカードで旅の質がぐんと大きく変わってくることをご存じですか?
あなたのハワイ旅にさらなる奥行きと豊かさ、そしてお得感をもたらしてくれるクレカを厳選3枚紹介しています。
「ハワイ旅行必携!」のものから、持っているだけで日常生活の利用からハワイがぐんと近くなるカードまで。
あなたの旅が損をしないためにもぜひご一読を!

 

旅行記④

前回のブログでは2023年・ハワイ旅行の滞在2日目を詳細にお届けしました。

今回はハワイ滞在3日目の模様をお届けします。
わが家が旅先で体験したことがあなたのハワイ旅行の参考になればとてもうれしいです。
また本記事中で特に詳しく知ってほしい内容には詳細記事のリンクを貼っております。
そちらもあわせてご覧いただくことで、あなたのハワイ旅行がより充実したものになることを祈っております。

それでは滞在3日目、始めます!

3日目のおもな活動は午前中にワイキキビーチへ行き、午後はワイキキ内にある各種クレジットカードラウンジやANAラウンジなどの取材に向かいました。

また、4年前に取材したワイキキのトイレマップの更新のための確認取材も実施。
次回以降のハワイ旅行をさらに楽しむ下地づくりのために時間を使いました。

滞在3日目の朝食

3日目の朝食は前日ドンキで購入したラニカイモチ。
これに日本から持ってきたドリップコーヒーに現地購入の牛乳を入れたカフェオレですませました。

滞在3日目朝食

ワイキキビーチへ!

わが家は実はハワイ旅行3回目にして初めて海に入ります。
過去2回は2月に来ていたこともあり、やや気温も低くてビーチで遊ぶことをためらっていました。

今回は満を持しての海水浴です。

わが家が借りているコンドミニアムがワイキキの西側にあり、そこから徒歩でビーチを目指します。

ビーチ地図ブログ用

デュークカナハモク像

カラカウア通りをロイヤルハワイアンセンターからモアナサーフライダーの前を通り、デュークカナハモク像に挨拶をしてから向かった先はクヒオビーチ。

ワイキキビーチの隣のビーチですね。

クヒオビーチ看板

というのもワイキキビーチ側はたくさんの人であふれており、比較的すいているのがクヒオビーチだったのです。

この景色だけでも感動ですね!

シェラトン側

ダイヤモンドヘッド側

そして海に浮いているだけでもいやされます。

ビーチでの注意点

ビーチ自体は砂浜なのですが一方海に入ると岩やサンゴでごつごつしている場所もあります。
ほとんどの方ははだしで海に入っていましたが、ぼくはマリンシューズを履いて足裏をガードしました。

つまらないケガなどをして今後の楽しみを減らしたくないですから。。。


ケガをしてビーチで楽しめなくならないためにも、ぜひ足のガードは一度ご検討ください。

話を戻して、ぼくたちはその後クヒオビーチからワイキキビーチに向かって何カ所か場所をかえつつ海を楽しみ、宿泊地へと戻りました。

実際の滞在時間は2時間ほどでしたが、日焼け止めを全身にぬっても強い日差しにはあらがえません。とはいえビーチで過ごした満足度は200%!
夏の海はサイコーです!

ランチは持参した食材で

ビーチを堪能した後は宿泊先のコンドミニアムに戻って昼食です。
ランチには日本から持ってきた乾麺を使って納豆うどんをつくりました。

9月3日ランチ2

サイドメニューとしてワイキキDFS付近にあるホノルルタコスにてコレアンタコス(韓国風タコス)を購入し、納豆うどんとともにおいしくいただきました。

店舗外観

9月3日ランチ1

9月3日ランチ3

乾麺は手軽に調理ができて日本から持っていくのをおすすめします!
ちなみに納豆は昨日ドン・キホーテで購入しておきました。

もちもの1

ワイキキのカードラウンジ紹介

昼食後に休憩をはさんで次に向かったのはワイキキ内にあるカード系およびANAのラウンジ訪問です。
今回のハワイ旅では前回のハワイ旅行からの情報のアップデートもかねていました。

目的は現時点のハワイ旅行はもちろん、次回以降のハワイ旅行に向けての情報収集もかねています。

そしてなにより本ブログを読んでくださっているみなさまがハワイで快適に過ごせるようなことをお届けしたいから。

そういった意味でもこれから紹介するラウンジは積極的に利用してほしいと思います。

ラウンジを利用する大きなメリットは?

各ラウンジの入室には利用条件がありますが、クレジットカードの保有などそれほどハードルの高いものではありません。

またラウンジを利用する大きなメリットは個人的には3点あるととらえています。

・無料で休憩ができる
・無料でドリンクがいただける
・ラウンジ内でトイレが利用できる

その他無料WiFiサービスや充電サービス、荷物の一時預かりなどもありますが、実際に利用した者の感想としては上記3点のサービスがとても印象に残りました。

各ラウンジ訪問コメント

実際、滞在3日目に訪問したワイキキのラウンジは4カ所。
楽天ラウンジ、ANAマハロラウンジ、JCBプラザラウンジホノルル、VISAホノルルラウンジ。

それらを表のまとめると以下のようになります。

 

ラウンジ種別 無料利用条件 休憩 ドリンク トイレ
楽天 カード所持
ANA ANA便利用
JCB カード所持 ×
VISA カード所持 ×

 

楽天ラウンジ

個人的に最もおすすめしたいのが楽天ラウンジ。
ワイキキにはもちろんアラモアナでも運営されています。

<メリットチェック>
無料で休憩:〇
無料でドリンク:〇
トイレ利用:〇

楽天カードを保有していれば気軽に利用できますので、ハワイ旅行前にはぜひ楽天カードをつくることをおすすめします。

場所はインターナショナルマーケットプレイス1F。

ワイキキラウンジ地図

ラウンジ外観

受付にてカードを提示するだけで入室できます。

室内1

わが家も滞在期間中楽天ラウンジにはとてもお世話になりました。

無料の水やジュース、コーヒーなどでほっと一息つきつつ体力を回復させ、次の目的へ向けての中継地点として便利に活用できたのです。

ドリンク1

人気のラウンジということもあり、利用時間は60分までといわれることもあるかもしれませんが、1時間もあれば十分ですよ。

詳しいレポートは下記リンクからご覧ください。

ANAマハロラウンジ

<メリットチェック>
無料で休憩:〇
無料でドリンク:〇
トイレ利用:〇

楽天カードラウンジと同じくらいおすすめしたいのがANAマハロラウンジ。
場所はワイキキショッピングプラザ2F。

ショッピングプラザ外観1

入口1

実は同じ場所にJCB(現在改装工事中)やVISAのラウンジもあります。

ワイキキショッピングプラザ地図
(三井住友カードHPより)

こちらを無料で利用するためには「東京・ホノルル間にANA便を使うこと」と条件はつきますが、居心地のよさは満点でした(有償での利用も可能です)!

室内4

室内5

さすが航空会社のラウンジですね!
成田やホノルルなどの空港ラウンジ同様、快適に過ごせます。

今回の旅行では楽天ラウンジと同じくらい利用しました。

またANAエクスプレスバスも利用してアラモアナまでノンストップで移動もできます。

バス外観1

JCBプラザラウンジホノルル

ANAマハロラウンジと同じくワイキキショッピングプラザ2階で運営しているのがJCBプラザラウンジホノルル(現在改装工事中のため5階にて営業中)。

ワイキキラウンジ入口

<メリットチェック>
無料で休憩:〇
無料でドリンク:〇
トイレ利用:×

ラウンジとしての居心地感は同フロアのANAマハロラウンジのほうが質が高いです。
しかし入室条件が「JCBカードを保有していること」と敷居が低いため、気軽に利用が可能です。

室内2

こちらのラウンジでは受付時にペットボトルの水がいただけました。
物価の高いハワイにおいてこういった水は貴重です!

水

またJCBカード専用のbikiカードを受付でもらってください。
300分以内なら25ドル(税抜)でbikiが使い放題になります。
わが家のこのカードを利用してホノルル界隈を観光してきました。

カード

なお、トイレはラウンジ内にはありません。
2階フロア内の共用トイレを利用することになります。
なお共用トイレは入り口が暗証番号入力のロック式になります。

トイレ暗証番号

JCBラウンジの詳細はこちらからご覧ください!

VISAホノルルラウンジ

VISAホノルルラウンジも実はANAマハロラウンジやJCBラウンジと同じくワイキキショッピングプラザ2階で運営しています。

外観1

つまりANA、JCBも含め同フロア内で3か所のラウンジがあり、はしごも可能!笑
こちらの利用条件は下写真のいずれかのクレジットカードなどを持っていることになります。

カード看板

<メリットチェック>
無料で休憩:〇
無料でドリンク:〇
トイレ利用:×

わが家が訪問した時は貸し切り状態でした(笑)。

室内1

室内2

JCB同様、トイレは共用フロアを利用することになりますが「意外と穴場ラウンジかも」と思いました。

同フロアのJCBやANAが混んでいたら一度のぞいてみるのもありかもしれませんね。
その際、利用条件に見合うカードなどの持参を忘れずに!

ワイキキ市内のトイレチェック

以前よりブログに掲載していたワイキキトイレマップの情報を更新するため、気軽に立ち寄れるトイレを5カ所確認してきました。

コロナ禍を経てワイキキの環境も随分変化したことを、トイレ調査をすることで実感。
くわしくはこちらのリンク記事をご覧ください。

ワイキキマーケットで夕食の買い出し

この日は終日ワイキキで過ごしたこともあり、夕食の買い出しもワイキキです。
以前はフードパントリーのあった場所に新しいスーパーマーケット・ワイキキマーケットができました。

新しくできたお店活フードランド系列ということもあり、さっそく訪問!

外観1

店舗入り口

店内1

店内2

購入した商品は以下になります。

ワイキキ内のスーパーなので物価が高いことを覚悟していたのですが、チキンやハンバーグのタネは比較的リーズナブル!

購入品1

チキンにいたってはかなりのボリューミーにもかかわらず7ドル以下とおすすめです。

購入品3

購入品2

購入品の中から今夕はポキ、ブロッコリ、チキンをいただきました。

夕食もコンドミニアムで

ということで滞在3日目の食事もコンドミニアムです。

9月3日夕食1

よっしー妻よっしー妻

ワイキキマーケットが思ったより安くてびっくり!
フードランド系列のポキはやはりおいしいね!

よっしーよっしー

たしかに。
4年ぶりに食べたけどフードランドのマグロはおいしいね。
日本から持ってきたサトウのごはんでポキ丼最高!
チキンもやすくてびっくり!

よっしー妻よっしー妻

そうそう。
ワイキキ内でもこうやって安くておいしくてボリュームのあるお惣菜があるんだね。
生鮮食品もそろっているし。
マイカイカードも対応してくれたらもっとよかったかも。

よっしーよっしー

フードランド系列だけどマイカイカードが使えないのは残念だったね。
でもマイカイカード自体は作っていたほうがお得です。

ポキ丼、チキン半身焼、ブロッコリでいただいた夕食はとても満足のいくものでした。
自炊というと材料を購入していちから作るイメージがあるかもしれません。

実際にはこういったお惣菜をつかった半自炊的な食べ方でも十分に満足できます。

まとめ

滞在3日目の午前はビーチ、午後は取材をかねたラウンジめぐりと、ワイキキ内を巡った一日でした。

前日がbikiを利用して終日アクティブに動いていたので、この日は体力温存もかねて控えめではありながらも有益な一日となりました。

ラウンジを上手に使いつつ活動することが、ハワイで楽しく過ごすコツのひとつですね。

そのためにもまずはどのクレジットカード特典を活用するかがポイントになってきます。

わが家のおすすめは楽天カード。

なかでも楽天JCBカードを持っていればアラモアナとワイキキの楽天ラウンジも利用できますから休憩スポットも一気に増えます!

物価の高いハワイではこういったクレジットカード特典を利用することで、お財布にも体調にもやさしい旅行ができます。


そしてワイキキマーケットは意外と(といったら失礼ですが)お得な買い物ができます。
わが家はコンドミニアムを借りているため半自炊的な買い物をしましたが、お惣菜だけを購入して食事をすることも十分可能です。

こちらも一度訪問してみてください!

そしてトイレマップは頭の中に入れ込んでいただけると「いざ」というときに慌てずに済むかと思います。

これで滞在3日目のレポートを終わります。
わが家の体験からあなたのハワイ旅行の参考になるところがひとつでもあれば幸いです。

あなたも次回のハワイ旅行でこういったことを試してみつつ、楽しんでください!

「旅と生活」ハワイ旅行記まとめ

2023年夏、4年ぶりにハワイ旅行に行きました。
当初はもっと早く行く予定だったのですが、コロナ規制がゆるみようやく行けるように。

その間アメリカの物価高や円安が大きく進み、日本からハワイ旅行に行く費用がこれまででは考えられないくらい高くなりました。

でも久しぶりにハワイに行きたい!
そこで「わが家が今回のハワイ旅行で限られた予算内でどのように楽しんだか」を全9回にわたりお届けします。

本編では旅行前の準備編から帰国にいたるまで7泊9日分を1日ごとにまとめています。
クレジットカード特典やマイル、現地スーパーの会員カードなどを駆使することで費用は格段におさえつつ、自分たちのやりたいこともおおかた実現できました。

よろしければ下記リンク記事を読んでいただき、今後のあなたのハワイ旅行計画の参考になれば幸いです。

また、当ブログがあなたのためになったようでしたら、他の方にもぜひすすめていただけませんでしょうか。

それでは以下、2023年夏「旅と生活」のハワイ旅行記をご覧ください!

またハワイはもとより、海外旅行やグルメをもっと楽しみたい方には下記で紹介するクレジットカード特典を心からおすすめしたいです。

わが家もこのカードで時間とお金を上手に使うことができています。

【最強のサブカード】TRUST CLUB ワールドカードの詳細紹介!

旅好き、グルメ好きにぜひともおすすめしたいクレジットカードがあります。
それはTRUST CLUB ワールドカード(トラストクラブワールドカード)。

詳しくは下記リンク記事をご覧いただきたいのですが、年会費をはるかに凌駕するメリットを獲得することができます。

わが家も海外旅行ではもちろん普段の外食でもお得に活用し、暮らしを彩ってくれています。
クレカ一枚でこれだけ生活を変えることができるとは、はっきり言って驚きです。

今後の人生で損をしないためにも一度ご覧ください!