スコーン初日・3日目

先のストリングスホテル東京インターコンチネンタル宿泊記の2回目となります。

1回目のルームツアー記事でのレポートのように、今回はクラブインターコンチネンタルルームに2泊3日で宿泊しました。

つまり滞在期間中は朝食、アフタヌーンティ、イブニングカクテルと1日3回にわたってクラブラウンジのサービスを受けられることができるのです。

そこで今回の記事ではステイ中初日、2日目、チェックアウト前と3回にわたっていただいたクラブラウンジでのアフタヌーンティについて詳細にレポートしてまいります。

とはいえまずはクラブラウンジの概要についてお知らせします。

ストリングスホテル東京 クラブラウンジ概要

クラブラウンジのサービス内容は下記の通りです。

・営業時間/7:00~22:00
・朝食/7:00~11:00希望によってザ・スコア・ダイニングでの朝食も可能
・アフタヌーンティ/14:30~16:30
・イブニングカクテル/17:30~19:30
・ソフトドリンク、スナック/7:00~22:00

一般的にはそれぞれのサービスは上記営業時間帯になりますが、ホテルの予約状況やコロナ対策などにより変更される可能性もあります。

今回の金曜日から日曜日にかけての宿泊においても土曜日と日曜日に関してはアフタヌーンティ、イブニングカクテルに関しては1回90分の2部制をしいていました(詳しくは後述します)。

ストリングスホテル東京 クラブラウンジ アフタヌーンティレビュー

それではいよいよクラブラウンジでのアフタヌーンティサービスについての絵レビューです。

滞在初日のアフタヌーンティ

初日はチェックイン手続きをかねてのアフタヌーンティ利用にしました。
ゆっくりとくつろぎながらのチェックインサービスというのもいいですね!

ストリングスホテルオリジナルのウェルカムティーをいただきつつ、アフタヌーンティのしつらえを待ちます。

AT1-1

AT1-2

ちなみにクラブラウンジから見える東京の風景はこんな感じです。
さすが地上約130mからの景色は壮大ですね。
天気もよくすがすがしい気持ちになります。

景色1

そうこうしているうちにアフタヌーンティセットの到着です。

AT1-3

ケーキ皿には下からトリュフポテトのビシソワーズとキャラメリーゼの焼きリンゴ、2段目はバタフライピーとおはぎ、3段目はケーキとマカロンとスイーツ系に寄った構成です。

AT1-4

AT1-5

AT1-6

スコーンは別皿での提供です。

スコーン初日・3日目

調べてみると一般的なアフタヌーンティの構成は下の皿からサンドウィッチ類、中段が温料理、上段がケーキなどのデザート類ということのようです。

ということは今回いただいたアフタヌーンティはくずし割烹ならぬ「くずしアフタヌーンティ」と表現できるのかもしれませんね。

とまれ作法にのっとり下から順番にいただいていったのですが、そのどれもがおいしく、下段には日本茶、中段とスコーンには紅茶、上段のケーキ類とはコーヒーを主にあわせておいしくいただきました。

AT1-7

滞在2日目のアフタヌーンティ

この日も天気は快晴。
昨日同様クラブラウンジからの景色は最高でした。

この日は土曜日かつクラブインターコンチネンタルルームが満室ということもあり、アフタヌーンティサービスにも2部制がしかれていました。

ぼくたちがうかがったのは第2部(15時半~17時/第1部は13時半~15時)。

そしてこちらが2日目のアフタヌーンティメニューです。

AT2-1

前日を考慮していただき、スコーンも含め大きく様変わりしています。

AT2-2

AT2-3

AT2-5

AT2-6

チェックアウト前のアフタヌーンティ

最終日も雲ひとつないいい天気で、13時半(第1部)からのアフタヌーンティを楽しみました。
メニュー構成は初日と同じものです。

あのおいしさを再度味わえ、夫婦ともどもとても満足なひと時を過ごせました。

AT3-1

また上記メニュー以外にもカウンターにはマシュマロや各種スナック、チョコレート、マカロンなども自由にピックアップできるようそろえられています。

マシュマロ

スナック

チョコ

マカロン

まとめ

今回の2泊3日の滞在で3度もアフタヌーンティサービスを受けられるとは予想もしていませんでした。

振り返るにこれは所定の時間(15時)にチェックインをし、アンバサダー会員特典のひとつである16時チェックアウトを利用したからこそできたことかな、と思います。

せっかくのラグジュアリーホテルに宿泊するのですから、ホテル内での時間を十分に楽しみたいものですよね。
そのために(だけではないのですが)IHGアンバサダー会員になるものありかな、と思った次第です。

とまれ、クラブラウンジにアクセスできることで、ホテルステイがこれだけ満足度が上がるとは思いもよらなかったことは事実です。

今回はアフタヌーンティサービスだけのレポートになりましたが、同じクラブラウンジでの朝食とイブニングカクテルについても引き続きレポートしてまいります。

引き続きご覧いただければ幸いです。