トップ画像

先日沖縄旅行を企画するためANAダイナミックパッケージを使って、日程やホテルなどの検索をかけていました。

時節柄、思わぬキャンセルもありうると考え、キャンセル料について調べた経緯と結果をわかりやすくまとめたいうのが今回のレポートになります。

わが家と同様、ANAダイナミックパッケージ経由で旅行を検討されている方の助けになればうれしいです。

ANAダイナミックパッケージのキャンセル料とキャンセル規定

結論から申し上げますと下記リンクにアクセスしていただき、往復の航空便と旅費などを入力するとキャンセル料が計算されます。

 

下画像の赤囲み枠に人数や旅行代金、往復の搭乗日などを入力すると一発で取消料がわかります。

取消料計算画面

また、下のキャンセル規定一覧表を使っても同様のことが可能ですが、こちらは手作業になります。

取消料計算一覧表

ANAダイナミックパッケージのキャンセルシミュレーション(わが家の場合)

取消料を調べるだけですと上記で十分なのですが、以下でわが家の具体例もお知らせすることであなたの理解が深まると思います。

支払条件:ANA SKYコイン(スカイコイン)で旅費を全額支払う

今回わが家では旅費をANA SKYコインでまかないいたいと考えております。
そこで出てくるキャンセルまわりの疑問は以下のことでした。

ANA SKYコインで支払いを完了させた後、その旅行をキャンセルせざるを得なくなった場合、キャンセル料はどうなるのか?

結論としては以下になります。

・カード払いや振り込み同様のキャンセル料がかかる
・払い戻しはANA SKYコインになる
・ANA SKYコインは即座に口座へ払い戻される
・払い戻し時点で期限切れになっているANA SKYコインは払い戻しされない

SKYコインを他の支払手段と併用の場合、キャンセル料は SKYコインから優先して充当されます

また今回はチャット機能を用いてオペレーターさんともやり取りさせていただきました。

その主要なやり取りのキャプチャがこちらです。

チャットA

チャットB

チャットC

 

まとめ

当然ながら、楽しみにしている旅行をキャンセルしたくはないのですが、万が一に備えてキャンセル料がどれくらいかかるのかは事前に知っていても損はないかと思います。

旅行直近になるほどキャンセル料は上昇していきますので、体調を万全にして旅行を楽しみたいものですね。

 

また今回わが家は以上のようにANA SKYコインを使用してANAダイナミックパッケージへの申込みをしています。

その場合、万一キャンセルすることになっても1SKYコイン=1円で換算されます。
ということは繰り返しになりますが、今回紹介した取消料のシミュレーションは使えるということです。

とまれわが家もANAダイナミックパッケージでの予約は完了。
あとは無事沖縄旅行にフライトできることを祈るのみ。

ということでANAダイナミックパッケージを使ってこれから沖縄旅行に行ってまいります!

後日沖縄旅行のブログもアップしてまいりたいので、楽しみにお待ちください!

追記

せっかく旅行をするならANAマイルがたまるポイントもお得にためたいですよね。
いわゆる「ポイ活」というやつです。

あなたにはぜひ下記リンクもみていただきたいです!

見るだけでもためになりますよ。