おみやげ全景

あなたが旅行に行かれた際、友人知人、勤務先の同僚、そして自分自身にお菓子や記念の品など旅先のお土産を買いますでしょうか?

ぼくは量の多少にかかわらず何かしら買います。
特になかなか行けない場所のめずらしい食べ物は予算内であれば購入する方でしょう。

ですがお土産を買うときにいつも思っていることがあります。
もう少しお土産に買う時間を効率的にできないものかなあ、と。
お土産は買いたいけれど、購入に多くの時間は使いたくない・・・。

ハワイに行った際のお土産の品について書いた以前のブログ記事でお伝えしましたように、お土産の購入にあれこれ頭を悩ませて、限られた滞在時間を消費することはなるべく避けたいと思っているんですよ。

でもせっかくお土産を買うのだったら買いたいものや満足度の高いものもゲットしたい!
そして沖縄旅行でも「購入時間節約」と「満足度キープ」の二兎を追えたお土産の買い方ができました!

その体験を本記事にてあなたにシェアさせてください!

沖縄ではスーパーマーケットでの一気買いが時短の近道!

今回記事のの結論から申し上げますと、ぼくも妻もそれぞれの友人や知人、勤務先の同僚そして自分自身のお土産の大半は北谷のイオンで購入しました。

その時に購入した商品の全体写真がこちら!

おみやげ全景

泡盛(2本)、コーレーグースー、各種お菓子類、シーチキン(12缶×3箱!)、すくがらす、砂糖、塩などなど。
かなりの量ですよね。

ではなぜどこにでもある大手スーパーで買ったのか?
なかでもとりわけイオンで購入することをおすすめする理由は何なのか?

この2点をみていくことで、あなたにとってのスーパーでお土産をまとめ買いするメリットをお知らせしていきます。

理由1・お土産にふさわしい様々なジャンルの商品が一か所で販売している

スーパーマーケットの大きな特徴として食料品から生活雑貨、衣類など多ジャンル、多品種のものが手に入れられることがあげられます。

当たり前といえば当たり前なのですが、その当たり前を逆説的に利用することでみやげ購入の時間が極端に短縮できますよ。

しかもイオンの場合は多ジャンルの沖縄土産が一か所でピックアップできる専用の特設版売コーナーを設けています。

土産コーナー全景

そこでは例えば紅いもタルトなどのメジャーな「ザ定番みやげ」から、100円から購入できる普段使いの菓子類まで、お酒も泡盛各種、容量も多種そろえたコーレーグースや塩、黒砂糖などの調味料、さんぴん茶などの特産茶を茶葉からティーバッグまで、もちろんインスタント沖縄そばや各種特産品、ジューシーやソーキなどのレトルト食品と、お土産となりえる食品類はほぼ一通りそろえることが可能です!

つまり沖縄でしか手に入らない限定の商品から定番物までまとめて購入することができるのです!

メジャーなお菓子類

紅イモタルト

お財布にやさしいお菓子類

安価なお菓子

お酒類も充実

酒2

レトルトや缶詰などの食品類も豊富

レトルト

調味料も選び放題!

調味料

理由2・商品陳列が整然として見やすい

これも当たり前といえば当たり前なのですが、商品がジャンルごとにキレイに陳列されていて見やすいです。

わかりやすく陳列された塩類

塩

ということはつまり買いたいものが見つけやすく、購入時間の節約になります。
もちろんドン・キホーテのように「宝探し」感覚でお店の中を楽しく回るという買い物の仕方もあるでしょう。

でも旅行中の限られた時間をおみやげ購入だけで半日、1日と使うことより、最大2時間くらいでパパっと買い物を終わらせたいぼくにとって、スーパーでの一気買いはとてもありがたいです。

理由3・配送サービスを行っている

配送サービスを行っている小売店は先ほど例に挙げたドン・キホーテなど、他の小売店でも多数見受けられます。ではなぜとりわけイオンをおすすめするのでしょうか?

その理由はふたつあります。

 

ひとつはたった300円ほど追加料金を支払うだけでパッキングサービスを受けられること(配送費用は実費)。

ふたつめはイオンにて商品を1,000円以上購入すれば、他の店で購入したものでも同梱してくれるサービスがあること。

 

この2点でぼくたち夫婦はイオンでお土産の大半を購入することを決めました。

パッキングサービスを受ける場合、レジで支払いを済ませた商品を目の前のサービスカウンターにかごごと持っていき、配送伝票を書いて送料を支払うだけで手続きは完了!
ビンなどの割れ物もしっかりとパッキングしてくれます。

カウンター

重量

後日実際に自宅に届いたパッキングはこんな感じでした。

ダンボール

中身もパッキングがしっかりと施されています。
お酒もビン類もしっかりとパッキングしてくれていました。

開封

酒類

われもの

名護で購入した別のお土産も同送していただきました!

名護で買ったもの

ここまでのサービスが受けられて配送料実費+300円で自宅まで送ってくださるなんてすばらしいです!

しかもヤマト便、ゆうパックと配送業者も2社から選べます。
ぼくたちはヤマト便にて日付指定で送っていただきました。

ちなみにこの時の実際の配送料は2,077円(配送料+パッキング料)。
こちらがその料金表になります。

料金表

送料

そして実は先ほどの本記事の最初の方に紹介したお土産一覧写真の下の方に移っている塩と黒砂糖は名護の道の駅許田で購入したものなのです。

それもまとめてイオンから配送してもらったという次第。
塩も砂糖も量がかさばると重いですからとても助かりました!

まとめ

以上がイオンでのぼくたちのおみやげ購入体験談と沖縄土産のまとめ買いをあなたにおすすめしたい理由になります。

そしてなんとイオンでのお土産の選定から購入そして宅配以来までにかかった時間はなんとたった1時間!
すばらしく購入時間が節約できました!

と同時に、おそらく配送サービスやパッキングサービスがなければ買わなかったであろう泡盛2本とシーチキン3ダース(36缶)もしっかりと手に入れられた、という高い満足度が得られました。

こんなにパパっとすませて大満足な買い物って実はありそうでなかったりします。

しかもここで浮かせた貴重な時間を他のことにまわせましたから言うことなしですね。

ぼくたちはイオン北谷店にてお土産を一気に購入したのですが、イオン那覇店やイオンスタイルライカムなどイオン各店でも同様のサービスが受けられます。

あなたもご自身の旅程の近くのイオンを使って、時間を有効に使ったおみやげ購入をしてみてください!

おすすめですよ!

 

追記1

コロナ禍のため、およそ2年半ぶりとなった沖縄旅行では小禄にあるイオン那覇を訪問しました。
その時に取材したことを共有します。イオン那覇外観

イオン那覇は那覇空港からゆいレールで2駅目・小禄駅直結です。
帰路直前のお土産購入にも重宝する立地ですね。

お土産品もジャンルごとに整然と陳列されています。

陳列1

陳列2

もちろんイオン那覇でもイオン北谷同様の配送サービスが受けられます。

サービスカウンタ

追記2

このコロナ禍において、沖縄旅行へ行くこともなかなかままなりません(今回は久々訪問できましたが、コロナ以前同様の気軽さまでにはまだ時間がかかりそうですね)。
そこでわが家ではイオン琉球オンラインショップを活用して、沖縄の食品類を取り寄せています。

そちらの記事もあわせてお読みください!